生活保護をもらうための家や車など財産の条件

生活保護をもらうための家や車など財産の条件

生活保護をもらう財産の条件

まったく資産を持っていない

 

生活保護を受けるためには、まず資産活用をするために、現金・預貯金は生活費に充てる必要があります。

 

ただ、最低生活費の2分の1までは保有することがみとめられています。

 

また、生活に直接必要がなく、処分できるモノは。売却して生活費に充てることが求められます。

 

生活保護は、経済的に困っている方に、最低限度の生活を税金で保障する制度です。

 

その条件には、資産を活用しても、生活に困窮してしまうから、というものがあります。

 

土地や車などの財産を所有している場合は、その土地や車を売却してからではないと生活保護を受けることができません。

 

住宅は、家を借りていたり、アパートに住んでいる場合は、自分の家ではないので生活保護を受けることが可能です。

 

財産に該当するモノの条件で、車を持っている場合は原則として、生活保護を受けることはできません。

 

ただ、車がないと最低限度の生活をすることができない場合ば別です。

 

都心部では、自動車はなくても公共交通機関で移動が可能ですが、地方では、車がないと仕事を探すことすらできません。

 

また、病院に通うためには、車を使わないと診察すら行くことができないようなやむを得ない条件の場合は、保持が認められています。

 

生活保護をもらうための財産の条件は、ケースバイケースの事が多いので、最終的にはケースワーカーの判断になります。

 

生活保護を受給するためのわかりにくい条件は、必ず確認を取って下さい。

 

生活保護をもらうための家や車など財産の条件記事一覧

生活保護を受けるための条件として、生活に直接必要がなく、処分できるものがあれば、売却して生活費に充てることが求められます。生命保険も、解約返戻金が大きい場合は、資産と見なされることもあります。もし生命保険を持っているのを認めたら、生活保護費から生命保険料を支払うことになるからでもあるんですね。ただ、すべてが解約の対象になるわけではありません。生命保険の種類や支払いが高額でないものは、生命保険を解約...

生活保護を受けるなら、借金していたらダメだよと見たり聞いたりしたことがあるかもしれません。でも、それは誤解です。生活保護を受けながら、借金を返すことができない、という意味と混同してしまっているからなんですね。借金があっても、生活保護を受けることはできます。借金の返済と生活保護を受ける条件とは別です。ここでは、生活保護を受ける時と受けた後で、借金がどんな条件で関わってくるかを紹介します。借金があって...

     
トップへ戻る