生活保護は借金があっても受給できない条件にはならないが借金返済はできない

生活保護は借金があっても受給できない条件にはならないが借金返済はできない

「借金があると生活保護を受けられない」は誤解

借金があっても生活保護を受けられない条件にはならない

 

生活保護を受けるなら、借金していたらダメだよ

 

と見たり聞いたりしたことがあるかもしれません。

 

でも、それは誤解です。

 

生活保護を受けながら、借金を返すことができない、という意味と混同してしまっているからなんですね。

 

借金があっても、生活保護を受けることはできます。

 

借金の返済と生活保護を受ける条件とは別です。

 

ここでは、生活保護を受ける時と受けた後で、借金がどんな条件で関わってくるかを紹介します。

 

借金があっても生活保護は受けられる

 

生活保護を受けられない条件に「借金があること」というものはありません。

 

借金がある=生活保護を受けられない、という公式はありません。

 

でも、よく借金があると、生活保護を受けることができない、と聞きますよね。

 

それは、「生活保護を受給したら借金返済ができない」ということと誤解されているからです。

 

生活保護を受ける条件と、生活保護を受けてから借金を返済することと、混同している可能性があります。

 

生活保護を受けながら借金の返済はできない理由

 

生活保護利用中は、原則として過去の借金を返済することはできない、とされています。

 

その理由としては、生活保護は現在の困っている状況に対して支給される生活保障だからです。

 

だから、過去の借金の清算にはあてられない、ということなんですね。

 

最低限度の金額なので、借金の返済をする余裕はないはず、という現実的な面もあります。

 

仮に借金をしたとしたら、それは収入と見なされて、生活保護を受けられなくなる対象になってしまう可能性があります。

 

生活保護は、税金から出ている、という面もあります。

 

借金は生活保護受給できない条件ではない(まとめ)

 

借金があると、どうしてもネガティブになってしまいます。

 

まじめな人であるほど、借りたお金も返さずに、生活保護を受けてもいいものか、と考えてしまうんですね。

 

でも、生活が困窮していてどうにもならないから借金をする、という事もあるわけです。

 

それなのに、生活保護を受けることができないなら、おかしいですよね。

 

借金がある=生活保護を受けられないではなく、

 

借金を生活保護で申請する=生活保護を取り消されるということなんですね。

 

借金の返済が差し迫っている場合には、法テラス(日本司法支援センター)などを利用して解決されていることは普通にあります。

 

法テラス以外でも、ネットから全国対応で、無料で借金の相談ができます。

借金相談ができます(無料です)

 

借金があっても、生活保護を受けることはできます。

 

借金をしていて、いままで切り詰めた生活に慣れてしまっているなら、積極的に生活保護の受給できる条件にあてはまるか、条件をチェックしてみてください。

 

     
トップへ戻る