生活保護を受けるには体が思い通りにならず働けない条件が必要

 

そもそも体が通常の人より動かすことができるのであれば、労働で働くことで賃金を得ることができます。

 

逆に言えば、病気やケガなどをしていて、体が思うように動かず、どうしても働けない人は生活保護を受けることができます。

 

生活保護は、経済的に困窮している人が、「健康で文化的な最低限度の生活」をおくるための公的扶助制度です。

 

条件としては、資産などの金銭的な面に目が行きがちですが、「能力」の部分で、体を動かして労働することができない場合にも、必要な保護を行うことになっています。

 

ここでは、生活保護を受けるための、身体的な条件全般について紹介します。

 

生活保護を受給するための身体的な条件

 

体を動かすことができなければ、働いて金銭を得ることができませんよね。

 

体を動かせず、働くことができない理由には、以下のようなことがあります。

 

  • うつ病で仕事ができない。
  • 人格障害があって仕事に就くことができない
  • 足や腰を骨折し、長期間働けない
  • 薬物や物理的に体が崩壊している

 

こういった条件に該当して、仕事ができない、見つからない状態であれば生活保護を受けることが可能です。

 

もちろん、生活保護を受けるためには、

  1. 資産となるものを全然を持っていない
  2. 生活を援助してくれる身内がいない

というその他の前提条件をクリアーしていることが必要です。

 

生活保護条件には当てはまらない体の理由

 

体が動かない理由が自己都合ならば、生活保護を受ける条件には当てはまりません。

 

たとえば、次のような例です。

 

やる気にならなければいけないと頭ではわかっいる
   ↓
でも、やる気になれない
   ↓
仕事をしてもすぐにめげてしまう

人間関係がうまくいかない
   ↓
耐えられずに、つい誰にでも攻撃的になる
横暴な上司や取引先にキレる

体が動かない理由が、本来ならできるのに、自分でできなくしている場合には、生活保護を受ける条件には当てはまりません。

 

生活保護をもらうための体の条件記事一覧

失業して、雇用保険が切れたのに、まだ仕事が決まっていないとしても、生活保護を受けることができます。失業中はどうしてもネガティブになりがちですよね。求職活動しても、仕事が見つからないと、余計に求職をする気が失せてしまうことがあります。でも、失業中に生活保護を一時的に受けながら、仕事を探せるなら少しは安心感が出てきます。ここでは、失業中でも生活保護を受けられる申請条件のポイントと受給した後の注意点を紹...

病気やけが、精神的に働くことができないから、生活保護を申請に行く場合があります。となると、生活保護を受ける条件で、働けないという医師の診断書が必要に思えますよね。働くことができない客観的な状況を説明してくれるのは、医師の「診断書」です。生活保護の申請に、診断書を用意する必要はありません。生活保護を決定するために、福祉事務所が指定した医療機関で診察を受けるように指示されることがありますが、あくまでも...

生活保護の申請って年齢の制限があるんじゃないの?って思いますよね。でも、生活保護の申請に年齢による制限はありません。実際に、年齢の制限がありそうだと思えるのは、世間が思っている働けるくらいの若い年齢高齢者だから他の手当てがあるはずだという年齢だからです。ここでは、生活保護の申請で、年齢を理由に制限を受けた場合の対応と、相談機関の例も紹介します。年齢制限で生活保護を断られるパターン生活保護は、何らか...

高齢者の生活でお金がないと、不安が大きくなりますよね。自分で稼ごうと思っても、体が動かなかったり、そもそも働き口がなかったりします。高齢者の世帯が経済的に生活を支えるのは、公的な年金の他には、預貯金や子供などからの援助です。高齢者が生活保護を利用することを考えたときには、条件として働くことを求められることはまずありません。でも、子供などからの扶養と預貯金の額を相談する段階で詳しく聞かれることが多い...

     
トップへ戻る