生活保護の条件に関わる事件とトピック

 

生活保護の条件に関して、ネガティブな報道が出されるのが「お金」に関することです。

 

生活保護を受けると、毎月の義務の支払いとされている

  • 国民年金
  • 医療保険
  • 介護保険
などの保険料が免除されます。

 

一方で、

 

生活保護は、税金から支給されることから、不正受給になると問題になりがちなんですね。

 

実際には、不正受給はほとんどないのですが、どうしてもネガティブな報道ばかりされてしまいます。

 

生活保護の条件にあっているのに、受けることができないでいる人が社会参加することが難しくなっています。

 

このカテゴリーでは、話題になっている生活保護条件に関わる事件とトピックについて、紹介します。

 

生活保護条件に関わる事件とトピック記事一覧

「災害援護資金」は、阪神大震災の被災者に最大350万円を貸し付けた制度です。兵庫県内13市で計5万6422件、約1309億円が貸し付けられていました。2018年9月末時点で、計3730件、約53億円が未返済になっています。生活保護受給世帯は、2018年11月には、債権管理法に基づいて、借り主と保証人の双方が生活保護受給者の場合の免除を決定して、この「災害援護資金」の免除が認められていました。つまり...

子供の頃、親が生活保護を受けていたからといっても、自分が社会人になってそれなりの生活ができていれば、気にならないように思いますよね。親は親。自分は自分。生活保護を受けていた家庭でも、大学まで進学し、社会人になって、生活保護から抜けた。でも、家族が生活保護を受けていた、ということをネガティブに考えると、ずっと後ろ髪を引かれるような思いになってしまうんです。生活保護を受けたことがない人からしてみれば、...

     
トップへ戻る